認定講師規則

(本講師規約の範囲)

1 条 本規約は、一般社団法人国際足圧療法師協会(以下、当IFAとする)が認定する講師として活動するに際し、当IFAと認定講師(=以下、講師とする)との間に適用する。

(資格の付与)

2 条  講師が次に掲げる全ての要件を満たした場合、当IFAは講師に対し認定講師資格(以下「本資格」という)を付与す る。

(1)当IFAが主宰する認定講師養成講座及び必須講座(以下「本講座」という)を受講し、認定講師試験に合格すること。なお、 本講座の受講をするための条件、開催の要項、講座の内容、合格の要件等については、当IFAが別に定める規程 によるものとする。認定講師試験の審査が通らなかった場合、講師活動ならびにスクール活動を実施してはならない。

(2)当IFAが別に規定する本資格の認定料、教育費、保険料及び年会費を、当IFAの指定する銀行口座に振込む方法、もしくはクレジットカードで支払うこと。

2 本資格の付与の効力は、講師が前項の全ての要件を満たし、講師が本規約に同意し、当IFAが講師に対して 本資格の認定証を引渡したときに生じる。各種コースのディプロマ(認定書)発行については、当IFAが発行するものとする。

3 講師の有効期間が終了した場合、講師が受けた本資格の付与の効力は同時に喪失するものとする。

(講師申込の拒否)

3 条 当IFAは、講師の申し込みに対し、以下の各号の場合は、申し込みを拒否することができるものとする。当IFA は、申し込みを拒否したことについて一切の責任を負わず、また申し込み拒否の理由を、申込者に説明する義務を負わないものとする。

(1) 申込者の情報に虚偽がある場合、または不明確な場合

(2) 過去に禁止事項を行い、当IFAが契約を解除したことがある元講師からの申し込みの場合

(3) 犯罪者、犯罪組織、その他公序良俗に反する利用が想定できる申込者の場合

(4) その他、当IFAが講師にふさわしくないと判断する組織、団体、および個人からの申し込みの場合

(収入と年会費)

4 条 講師は本講座を開催し得た講座費はまず当IFAに全額納入し、次の各号のようにのちに当IFAから講師収入を支払うこととする。

1)入門講座を開催した場合、100%の講師収入を得ることとする。

(2)ブロンズ・シルバー・ゴールドコースを開催した場合40%の講師収入を得ることとする。

(3)2年目以降の毎年課金の保険料については講師収入から除外することとする。

(4)入会登録費 は20,000 円、 年会費 は12,000 円 とする。ただし中途入会の年会費は次に準じて収めることとする。

2 1月ー11,000円、2月ー10,000円、3月ー9,000円、4月−8,000円、5月ー7,000円、6月−6,000円、7月ー5,000円、8月ー4,000円、9月ー3,000円、10月ー2,000円、11月−1,000円、12月ー12,000円。

(会費、認定料の払い戻し)

5 条 講師が納入した入会登録費、会費については、その理由の如何を問わず、払い戻しを行わない。

(会費の納期)

第6条 会費の納入は、年 1 回とし、毎年 11月末日までに納入をしなければならない。ただし、新規講師は、認定時に(第4条(4)2に準じて)納入するものとする。

(中途入会の会費及び納期)

7 条  事業年度の中途に入会した講師の当該事業年度の会費年額は、第 4 条(4)2に準じる。

2 前項の会費の納入は、請求書の到着後すみやかに納入するものとする。支払方法は、銀行振り込みもしくはク レジットカード払いとする。

(有効期間と更新)

8 条 本資格の有効期間は、毎年 12 月 1 日翌年 11 月 30日までとする。ただし、途中入会を認めるものとする。途中入会の場合は、その資格の付与を受けた日から同年 11月 30日までとする。(中途入会が 1 月 1 日以降から 11 月 29日までの場合、同年 11月 30 日までとする)講師資格は更新できるものとする。更新後の有効期間は更新のときから1年間とし、その後もまた同様とする。

2 講師が、次に規定する全ての要件を満たした場合、本資格は更新されたものとし、講師は本資格の付与を受け続けるものとする。

(1)講師が別に規定する認定料・年会費を当IFAに対して支払うこと。

(2)講師の技能を維持する等の目的で当IFAが補修講座等を開催する場合は、同講座を受講し修了すること。

(3)当IFAより講師資格を更新しない旨の通知を受けていないこと。

(5)次項の異議を述べていないこと。

(6)本規約に違反していないこと。

3 更新の日より1箇月前までに、当IFAが講師に対して本規約の条項の変更をする等、更新後の規約内容を変更する旨及び変更後の内容を通知した場合において、講師が当IFAに対し同通知の日から2週間以内に異議を述べ ない場合は、更新後の規約内容は同変更内容どおりに変更されたものとみなす。

4 前項の場合を除き、更新後の規約内容は更新前と同一とする。

(再認定)

9 条 第 14 条により資格を喪失したものが再認定を希望し、当IFAがそれを認めたときは、再認定が認められる。

2 再認定に際しては、所定の認定料を改めて納入しなければならない。

(講師の権利)

10 条 講師は当IFAより本資格の付与を受けた場合は、次に掲げる権利を有するものとする。ただし、本講座開催に関しては当IFA総本部または認定校で行うものとする。

(1)ゴールド認定講師は入門講座、健康フィットネス・インストラクター/ブロンズコース講座を自ら主催することができる。

(2)プラチナ認定講師Ⅰは入門講座、健康フィットネス・インストラクター/シルバーコース、ブロンズコース講座を自ら開催することができる。

(3)プラチナ認定講師Ⅱは入門講座、健康フィットネス・インストラクター/ゴールドコース、シルバーコース、ゴールドコース講座講座を自ら開催することができる。

(4)当IFAの主催する講座の講師を当IFAの依頼により務めること。

(5)当IFAからのサービス・道具・販売用 DVD の講師価格での購入。

(6)次に掲げる呼称を肩書きとして使用すること。

2 認定講師とは、認定講師資格を有し、かつ認定講師を3名以上育成した時点で認定するものとする。

3 認定講師とは、健康フィットネス・インストラクター/ゴールドコース資格を有し、かつ認定講師講座をパスし、認定を受けたものとする。

4 認定講師とは、健康フィットネス・インストラクター/シルバーコース資格を有し、かつ認定講師講座をパスし、認定を受けたものとする。

(講座開催)

11 条 講師は、本講座を開催する場合、スクール料金は、当IFAが定める価格表に従うものとする。

2  講師は、本講座を開催する場合、当IFAが指定・推奨する教材、道具を使用するものとする。

3  講師は、講座内容および指導内容については、当IFAが指定する指導方法に従い指導にあたるものとする。

4  講師の主催する講座運営にかかる費用は、講師の負担とする。

5 当IFAはいつでも、講師の主催する本講座の開催場所に立ち入り、本講座の内容を確認することが出来るものとする。

6  講師が本条により生じる義務に違反した場合、当IFAは講師に対し、直ちにその主催する本講座の開催の中止を求めることが出来る。その中止により本講座の受講生において損害を生じた場合は、全てその賠償は開催した講師と関係する受講生との間においてなすものとし、講師は当IFAに対し求償は出来ない。

(講師の義務)

12 条 講師は、当IFAの活動方針を尊重し、当IFAの趣旨に反する活動をしてはならないものする。

2  講師は、当IFAのイメージを傷つけることがないよう、誠実に本講座を開催するものとする。

3  講師は、本講座の受講生への対応、フォロー等、誠実に対応するものとする。

(禁止行為)

13 条 講師は、活動するにあたり、次の各号記載の行為を行わないものとする。 講師が当該行為を行っている恐れが あると当IFAが判断する場合には、講師資格の停止や解除、当IFAからの脱退等、当IFAが適当と認めるあらゆる措置を講じることができるものとします。

(1) 受講生の個人情報を不正に利用する行為。

(2)当IFAが定めるスクール価格表と違う価格で講座を開催すること。

(3)当IFAのカリキュラムをアレンジし、またはその他のものとミックスし、独自に名称を変えて講座を開設、または協会を立ち上げること。

(4)当IFAと競合する教室を開催すること。

(5) 講座の講師を第三者に委託すること。

(6) 本資格を第三者に譲渡すること。

(7)当IFAの著作権、商標権等の知的財産権を侵害するような行為。

(8) 他人の著作権、商標権等の知的財産権、または他人の肖像権、プライバシー権を侵害するような行為。

(9) 他の講師に迷惑のかかる行為。

10) 詐欺等の犯罪に結びつく、または結びつくおそれのある行為。

11)当IFAの運営に支障を与える行為。

12) 故意、過失を問わず法令に違反する行為。

13) 公序良俗に違反し、または他人に不利益を与える行為。

14) その他、当IFAが不適切と判断する行為。

(講師資格の剥奪)

14 条 当IFAは、講師の行為が以下の各号のいずれかに該当する場合、講師の承諾なく資格の権利を停止し、講師資格 を剥奪することができる。資格を失った場合には講師活動ならびにスクール講座及び有償施術を実施してはならない。

(1) 本規約に違反した場合

(2) 前条の禁止行為に該当する行為があったと当IFAが判断した場合

(3) 講師の情報に虚偽の内容があることが判明した場合

(4)当IFAの活動に対する妨害の行為があった場合

(5) 講師資格を不正に利用した場合

(6) 講座の受講生より度重なるクレームが当IFAに届いた場合

(8) その他、当IFAが不適切と判断した場合

(秘密保持)

15 条  講師は本資格の有効期間中並びに資格有効期間終了後、当IFAによって開示された、もしくは本事 業に関する業務の遂行過程で取得した、当IFA固有の技術上、営業上その他事業の情報(以下「秘密情報」とい う)を秘密として扱うものとし、これらの情報を講師活動の目的以外に使用し、または第三者に開示してはなら ない。

(資料・情報等の返還)

16 条 講師は本資格を喪失した場合、講座の内容その他当IFAから受けた本事業に関する情報の一切を、当IFAに対し 返還するものとする。

(賠償責任)

17 条 講師は、本規約に違反することにより、または講師としての活動に関連して当IFAに損害を与えた場合、当IFAに対しその損害を賠償するものとする。

(免責事項)

18 条 当IFAは、本規約で特に定める場合を除き、講師が講師としての活動に関して被った損害については、債務不履行責任、不法行為責任、その他の法律上の責任を問わず賠償の責任を負わないものとする。

2 当IFAは、講師が講師としての活動により、講座の受講生または第三者との間で生じた紛争等に関して、一切責任は負わないものとする。

3  講師は、講師としての活動に伴い、受講生または第三者に対して損害を与えた場合、受講生または第三者か らクレームが通知された場合、自己の責任と費用をもって処理解決する。講師が講師としての活動に伴い、スクール講座の受講生または第三者から損害を受けた場合、および第三者に対しクレームを通知する場合においても同様とする。

4  当IFAは、活動の中断、停止、利用不能または変更、消失、もしくは講師資格の剥奪、その他の当IFAの活動 に関連して講師が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。

(確認条項)

19 条 本資格の付与は、当IFAが講師に対して、講師の事業における成果を何ら保障するものでなく、又、各講座の開催を含めた講師の行う事業に関して、一切の責任を負うものでないことを確認する。

(本規約の変更)

20 条 当IFAは、本規約の内容を自由に変更できるものとします。その場合の講師の活動条件は、変更後の新規約によるものとします。その場合、変更する前に講師に新規約を通知するものとします。

(準拠法)

21 条 本規約の成立、効力、履行および解釈に関する準拠法は、日本国が定める法律、法令、政令が適用されるものとします。

(合意管轄)

22 条 当IFAと講師との間で訴訟の必要が生じた場合、当IFAの所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的管轄裁判所 とします。

2016年 11 月 28日制定

2016年 12月 2日施行

2016年 12月 11日一部改訂

2016年 12月 18日一部改訂

2017年 9月 6日一部改訂


ページ上部へ戻る