予防・からだを温める④

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

野菜不足なので野菜を摂ろう!

とか言って飽きないように

数種類のドレッシングを用意して

サラダとして生野菜を食べる。

それだけじゃ味気ないのでフルーツも

用意して、、、。

 

結構な割合で

このサラダに用意される野菜が、

葉物の野菜だったり

南方の暖かいところで採れる

果物だったり、

 

こうして努力して食べても

冷え性をますます

改善できない体質になっていってしまうので

くれぐれもご注意を。

これらは、体を冷やすとされる

陰性食品といわれる

メンバーたちです。

 

レタス、トマト、パイナップル、マンゴー、レモン、バナナ、すいか、、、

 

ここでは冷え性のあなたが対象なので

あえて、カリウムほか詳しいことは省き、

冷え性に特化してすすめていきます。

 

ただ言えるのは陽性食品を食すことにより

あなたの体質を陽性に近づけていくことが

冷え性(=陰性体質)に対する改善、予防策ですということ。

 

そうはいっても

これらの陰性食品を

食べちゃダメということではありません。

水に浸し熱してくださいなと。

温めることにより食すことは

大いに結構だということなのです。

具たくさんの味噌汁なんかはその代表選手ですね。

生野菜の時より食す量も

比べ物にならないほど取れますし、

これら

陽性食品の根菜・味噌、塩分と

陰性食品の葉菜の共演は

お腹も氣分も暖まりほっこりしますから。

 

さらに、これら葉菜に根菜だけでなく

おなじく陽性食品の魚介類とあわせた 鍋もいいですね。

こうした鍋も

陽性食品の味噌・醤油・塩で使い分け

味にもバリエーション豊かにいただけて

寒いこの時期には

冷え性のあなたにお勧め目メニューです。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おかの 哲 の メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
○お問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る