予防・脈拍から気分がわかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

あなたのお悩みをそのまま放置せずに

 

冷え性に限らず、未病の段階で

 

原因を見つめて生活習慣改善すること。

 

これは、継続も含めて予防となります。

 

 

とは言っても生身のからだですから

 

「気分が悪いな」とか「緊張気味」とかの

重要な判断材料になるので、

 

脈拍を自分で測ってみることをお勧めいたします。

 

普段のあなたの脈拍数がわかっていれば、

 

毎日のいろいろな状況で脈拍をさっとはかり、

 

そのときのあなたのからだの状態、気分を知ることができます。

 

 

 

以上は、以前わたしが読んだことのある本の

安保徹×石原結實 体を温め免疫力を高めれば、病気は治る! (宝島社文庫) より


「脈拍の測り方」

親指の付け根の下あたりに

軽く指を押し付けるようにして脈を探る。

時計の秒針を見ながら 1分間測る。

15秒の数値を4倍してもよい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※脈拍

・80以上  気分が高揚している。嬉しくれしかたがない。すごく腹を立てている。

・75以上  なにもかもうまくいきそうな氣がする。ポジティブ思考

・70以上 「よし、やるぞ」という氣分になる。仕事や勉強に積極的

・65以上  ニュートラルな氣分

・60以上  元気がない、ものごとに消極的

・55以上  落ち込む、お酒を飲みたくなる

・50以上  悲しい、つらい、ひとりでいたい

ここまで。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

おかの 哲 の メルマガ
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール
○お問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る